セミナーなし!ミーティングなし!電話勧誘なし!買い込みなし!そんな理想のネットワークビジネス(MLM) それがインターネットを駆使したオンラインMLMです。

ネットワークビジネスの真実

ネットワークビジネス(マルチレベル・マーケティング)ほど 人によって解釈や見解が異なるビジネスはありませんね。
ここで、もう一度、基礎知識として整理しておきましょう。

マルチレベル・マーケティング(MLM)とは?

マルチ=多面的な レベル=階層 マーケティング=商法
つまり、「多面的な階層で物品を流通させる仕組み」という意味。
アメリカで1930年代に誕生した無店舗訪問販売商法のひとつで商品の愛用者(消費者)が同時に販売員も兼ねるディストリビューター方式を採用することで独自の販売システムを確立しました。
MLM大手には企業格付ランキングでトップクラスも少なくないですね。

ネットワークビジネス(MLM)は評判が良くない?

ネットワークビジネスの基本は、自分が愛用する商品をクチコミで紹介し ≪紹介の輪≫を広げることであり、広げた輪(流通組織)の大きさに応じて利益が配分されます。
この利益配分方式が非常に精緻であるために、この仕組みだけを利用し、粗悪商品を流通させて金儲けを企てる業者やディストリビューターが後を絶たず、業界全体のイメージを悪化させている側面があるのです。

それでも、ネットワークビジネス(MLM)が流行るのは何故?

アメリカでネットワークビジネスが急成長した1980年代、 スタンフォード研究所のレポートには次のように書かれていました。
■1990年代の終わり頃には、大衆が日常消費する商品やサービスの50〜60%がのネットワークビジネス手法で販売されるようになるだろう■
現実にはそこまでは到達していませんが、IT革命の進展によって構造変化を余儀なくされた流通業界にあって、ネットワークビジネスが注目される存在としてクローズアップされてきたことは事実です。
疲弊した既存の流通構造にもはや頼れなくなった企業も、独自の流通網を形成できるネットワークビジネスに注目しているのです。
また、終身雇用が約束されなくなったサラリーマン生活に不安を感じた個人も、自立自営の手段としてネットワークビジネスに注目する人が増えています。

企業がネットワークビジネス(MLM)に取り組むメリットは?

例えば、良い商品を持っていながら、資本力が弱いために、宣伝できず売れてない商品を、 ネットワークビジネスのルートに乗せれば、比較的短期間のうちに世に送り出すことができます。
この点で企業にとってはネットワークビジネスは強力な武器になります。
(1)成功のルール
人は生まれながらにして、人生ゲームに参加しています。
ゲームの目的は≪勝つ≫ことです。
ゲームに勝つためには≪ルール≫を知っている必要があるのです。
しかし、ほとんどの人は≪ルール≫を教えられていません。
教えられたのは≪レール≫に乗っかることだけなのです。
※ レール=勉強して良い学校に入り、良い会社に就職して・・・
(2)社会情勢
90%の人・・・気がついたら、お金が無くなっている。
10%の人・・・いつの間にか、お金が貯まっている。
一億総中流意識だった≪終身雇用≫の時代から、現在は≪成果主義≫という格差社会になってしまいました。
多くの方が、将来の不安から『副業』を望んでいます。
(3)ロバート・キヨサキ
「金持ち父さん・貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏は『金持ちは≪ネットワーク≫を持っている』と言っています。
レールに乗って従業員となった方は、会社オーナーと政府のために働き、残った少額の賃金を手にするのです。
(4)クワドラント
4つのクワドラントがあり、左側から右側への移行には大きな壁があります。
左側とは、E=従業員とS=自営業者
右側とは、B=ビジネスオーナーとI=投資家

ネットワークビジネスでBクアドラント
(5)ビジネスオーナー
ネットワークビジネスはコピービジネスとも言われ、リプリケーションが大事。
判断基準として、理念・会社・製品・プラン等が挙げられますが、初期投資が5万円以上や買い込み(在庫)があるものは注意が必要。
理由は、あなたが出来るかどうかではなく、紹介した人が出来るかどうかであり、初期費用の大きい場合は金儲け(マネーゲーム)主義となり、間違った「伝え方」をする結果、被害者意識をもつ方を量産しかねないのです。
(7)日本のネットワークビジネスの現状
大半の企業が採用しているバイナリーは、10年以上続いた例はありません。
バイナリーの長所は組織構築が早く教育が不要。
短所は仲間意識が薄く安定しないこと。

ネットワークビジネス(MLM)をインターネットで
オンラインMLMの成功法則
無料メールセミナー
お名前(姓)
メールアドレス