セミナーなし!ミーティングなし!電話勧誘なし!買い込みなし!そんな理想のネットワークビジネス(MLM) それがインターネットを駆使したオンラインMLMです。

ロバート・キヨサキ氏も推奨するネットワークビジネス(MLM)

「 金持ち父さん貧乏父さん 」の著者ロバート・キヨサキ氏は特定の会社を支持するわけではないですが、ネットワークマーケティングビジネスで得られる価値を認識し、推奨しています。

金持ち父さん曰く、“ビジネスの世界で最もパワフルな言葉の一つがネットワークだ。大金持ちはネットワークを探し、構築する。一方その他の人たちはワーク(仕事)を探す。どんなに良いアイディアや製品があってもそれを人に伝えるネットワーク、販売するネットワークがなければ成功しない。”

ネットワークマーケティングの業界の人たちは“ネットワークマーケティング”(NWM)という用語を悪いイメージとして避けたがっています。しかしキヨサキ氏はネットワークにこそ経済的成功のポイントがあると見ています。

推薦書籍:金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントより 以下抜粋

ネットワークビジネス(MLM)に参加してビジネスシステムを手に入れるネットワークビジネスは、MLM(マルチレベルマーケティング)、ダイレクトセリング(直接販売)とも呼ばれるが、フランチャイズと同様、はじめは非合法化されそうになった。

実際のところ、いくつかの国はネットワークビジネスを非合法化したり、厳しい規制を設けることに成功している。

新しいシステムやアイディアはどんなものでも、はじめは「うさんくさい」と思われることが多い。私もはじめはネットワークビジネスを詐欺まがいのものだと思っていた。

だが、その後数年かけて、ネットワークビジネスで使われているいろいろなシステムについて学び、また、この商法を使ってビジネスオーナーとなり成功を収めた友人たちの姿をみていくうち、その考えは変わった。

当初の先入観に満ちた否定的考えを捨ててネットワークビジネスについて学び始めた私は、誠意と熱意を持ってネットワークを作り上げ、それを成功させている人がたくさんいることを知った。

そういう人たちに会ってみると、彼らのネットワークビジネスが他の人の人生や経済状態にどんな大きな影響を与えているかよくわかった。

そして、ネットワークビジネスのシステムの持つ価値が本当にわかってきた。なにしろ、そこそこの入会金(だいたい二百ドルほど)を払えば、既存のシステムの一部となることができ、すぐさま自分のビジネスを築き始めることができるのだから。

コンピュータ分野におけるテクノロジーの発達により、ネットワークビジネスの組織は完全に自動化されていて、面倒な手続きや注文、販売、会計、顧客のフォローアップといった仕事はほぼ百パーセント、ソフトウェアによって管理されている。

つまりはじめての人でも、完全に自動化されたシステムを利用することで、小規模ビジネスを立ち上げたときにつきものの、こういった頭痛の種に悩まされることなく、ビジネスを築くことに全力を投入できる。

私の古くからの友人の1人に1997年の不動産による所得が十億ドル以上だった人がいる。この友達が最近ネットワークビジネスに参加し、自分のビジネスを築き始めた。

彼がひどく熱をいれてネットワークビジネスをやっていると知って私はびっくりした。 というのも、彼にいま以上のお金が必要だとは思えなかったからだ。

なぜそんなに一生懸命にやるのかと聞くと、友人は次のように説明してくれた。

「ぼくは学校に通いCPA(公認会計士)の資格を取った。財務も学びMBAもとった。人からどうしてそんな金持ちになれたのかと聞かれることがあるが、そんなときぼくが答えられるのは、何百万ドルもする不動産の取引の話や、年間何十万ドルもの家賃収入のことだけだ。 そんな話を聞くとしり込みしてしまうひともいる。そういったことを聞いてくる人に何百万ドルもの不動産投資ができる可能性はまずゼロといっていいからね。

適切な教育も受けていない上、投資に回すための余分なお金も持っていないんだから。 ぼくはこういう人が学校に戻って六年間勉強し、不動産投資の経験を十二年積むなんてことはせずに、いまぼくが不動産から稼いでいるのと同じくらいの不労所得を得られるようにしてあげる方法はないだろうかと考えたんだ。

ネットワークビジネスは普通の人がプロの投資家になるために準備を整えるあいだ、必要な不労所得を増やすチャンスを与えてくれる。ぼくはそう信じているからネットワークビジネスをみんなに勧めるんだ。

いまは少ししかお金をもっていなくても、自分の労力を少しずつ投資し続ければ、五年後には本格的な投資を始めるのに充分な不労所得を生み出すことができるようになる。

ネットワークビジネスで自分のビジネスを築けば、ほかの事を学ぶ時間も、僕と一緒にもっと大きな取引に投資するための資金ももてるようになる。」

この友人はネットワークビジネスをしているいくつかの会社について調べたあと、そのうち1つに加入しディストリビューター(販売人)になった。そして、いつか彼とともに投資したいと考えている人たちと一緒にネットワークビジネスをはじめた。

いまでは不動産投資だけでなく、ネットワークビジネスでも大きな収入を上げているそうだ。

「最初はみんなが投資用のお金を作るのを助けてあげようと思ってネットワークビジネスを始めたが、いまではネットワークビジネスのおかげで私も儲かっている」友人は私にそう話してくれた。

この友人は一ヶ月に二回、土曜日に研究会を開いている。一回目の会合では、ネットワークビジネスのシステムと人間について教える。つまり、ビジネスオーナーとして成功するための方法を教える。 二回目の会合ではファイナンシャル・リテラシー(お金に関する読み書きの能力)とファイナンシャル・インテリジェンス(お金に関する知識)について教える。つまり、優秀な投資家となるための方法だ。会合への参加はいまも増える一方だそうだ。

ネットワークビジネス(MLM)をインターネットで
オンラインMLMの成功法則
無料メールセミナー
お名前(姓)
メールアドレス